サジーの安全性

サジーは何千年にも渡り人々に食されてきた

 

サジーの栄養素はバライエティに富んでおり、他の植物と比較して多量の成分、微量の成分、微量でも人体に健康効果をもたらす成分、単体で機能する成分、他の成分と相乗機能する成分と様々です。数多に存在する植物のなかで、人体に有効な成分を複数、トップクラスに含有するサジーは非常に貴重です。

 

最古の古典医学から5000年という気が遠くなるほどの長い歴史を経て、サジーは生薬の位置づけで脈々と受け継がれてきました。 各国の伝説や神話にも登場するサジーはこれまでどれだけの人に食されてきたのでしょう、試算してみるだけでも天文学的な数字になってしまいます。しかしこの長い食経験を別の角度で解釈してみますと、これほど安心感が得られる安全性の証明(エビデンス)はありません。

 

image

〈チベットの古典医学〉

サジーは砂漠などの厳しい環境下に適応するためのさまざまな成分を身につけ進化してきました。これだけ複数の有効成分をトップクラスに有する植物は大変貴重です。

 

サジーの逸話や古典医学などの歴史の背景には、サジーの強い生命力が見え隠れしています。

 

下記リンクは実際に第三者機関にて、安全性に関する分析および所見をとったものです。

 

関連記事

>サジーの食経験による安全性
>サジージュースの残留農薬検査
>サジージュースの放射能検査
>サジージュースの重金属検査