サジーと古典医学書

「古典医学書とサジー」

四部医典(8世紀(約1200年前)編集著作医聖ユトク・ニンマ・ユンテングンポ)チベット医学の書。四編構成から四部医典と呼ばており、四部医典は(伝説上の秘典であり)難解であ ったが、800年以上の時を経て1688年四部医典タンカ全集が作られました。

 

 

img_history01_03img_history01_02

※赤丸=サジー

※ヒッポファエ=ラムノイデスはサジーの学術名

 

チベットでは、中国などの周辺諸地域から様々な医学を得ましたが、最も影響を受けたのはインドのアーユルベーダであったそうです。四部医典タンカでは、チベット医薬学の基礎、人体の解剖学的構造、生理機能、疾病の病因・病理・ 症状、疾病の診断方法と治療原則、薬物の種類・性味・用法、飲食、起居、衛生保健の知識、医療者の道徳と 心得などを系統的に描写ています。

img_history01_01

このように膨大な絵画によって系統的に医薬、科学、実践技術を紹介した医典は、世界の歴史上ほとんど類がないそうです。タンカは、チベットの寺院にある絵のことで、タンカに描かれるのは、仏像、物語、風景です。 それは文字を解さない人たちに、絵をもって仏教を図解したものです。チベット医学では、この伝統をうまく利用して、難しい内容を、絵で分かりやすく表しています。 医学の理論、人間の生理、診断の方法、薬草などの絵は、描写がとても正確で、 それを見る人を驚かせます。

 

 

img_history01_04img_history01_05

その古き医典のなかでサジーは薬物として登場しています。
それは古くからサジーが人々に食されてきたことを意味し、それは副作用などのない食経験による安全性の証明にもなります。

 

関連記事
>サジーの歴史と伝説
>サジーとギリシャ神話他
>サジーとアーユルヴェーダ