サジーの世界分布

サジーの世界分布

 

黄酸汁の主原料となるサジーは、ユーラシア原産で、高山や砂漠、寒暖の差が激しい地域にも生息できる生命力の強い植物です。サジーは銀色の脱落性の葉と、冬の大半維持される美しい栄養価の高いオレンジの実をつけます。サジーは、一部地域の海岸で成長する習性や、多くのトゲを持つことから、クロウメモドキ属の植物種を連想させます。サジーには古い歴史があり、人とも密接な関係がありました。日本ではまだまだ認知が低いかもしれませんが、その高い栄養価と生態特徴による多様的機能性から眠れる巨人として比喩する学者もいます。近年サジーの研究が進むにつれ、その巨人が目を覚ます日もそう遠くはないかもしれないと期待してやみません。サジーは非常に機能的な植物で多くの用途で研究されています。その機能性は人類の健康と美容にだけ有益なわけではなく、砂漠の緑化、土壌浸食防止、汚染還元としても貢献しています。サジーのおかげで豊かになった大地は野生動物の生息地となり、栄養価の高い果実を提供しています。

 

アジア ヨーロッパ
アフガニスタン イギリス ノルウェー
インド ウクライナ ハンガリー
ネパール オランダ フィンランド
パキスン ギリシャ ベラルーシ
ブータン スエーデン ポーランド
モンゴル チェコ ルーマニア
中国 ドイツ ロシア

 

現在、サジーはカナダ、アメリカ、日本、オーストラリアなどで、観賞用、商業用、環境資源用とさまざな目的用途で栽培されています。 標高が高く、年間降雨量の少ない地域のサジーのほうが生命力を必要とされ、高い栄養成分を含みます。厳しい環境を生き抜くため、長い時間を掛けそれに適応すべく自ら様々な成分を生成したと考えられています。

img_map01[1]

img_map02[1]

▲印のSinensisサジーを使用しているサジー商品を当サイトではお勧めしています。

 

関連記事

>サジーとは?

>サジーの種類

>サジーの産業